電気設備の保守点検サービス

電気設備24時間遠隔監視サービス(G-Pacs)

エネサーブは、偶発的な電気事故から企業を守るため、電気設備に絶縁・温度・異常高電圧・漏洩電流・高調波検出等の機能を持つ電気設備監視センサーを設置し、24時間遠隔監視をしています。万が一の場合、データベース化されたお客様の情報をもとに異常発生の情報を オペレーションセンターで分析し、重大な事故に繋がると判断した場合は、エネサーブの技術員と連絡をとり、すばやく対応する仕組みを採っています。これを リアルタイムで管理するのが、24時間遠隔監視サービスです。

G-Pacs緊急時フロー図

機能と特徴について

電気設備監視センサーの概要

電力センサー説明図

デマンド監視機能の概要

デマンド自動負荷遮断概要説明図

デマンド監視により警報出力が可能です。その信号を使用して設備等を自動停止される場合(オプション)は、付属のキー付スイッチ (お客様用自動遮断許可スイッチ)を使用して管理者様の責任と判断の元に運用いただけます。

~ 電気料金削減例 ~
契約電力を1520kWから1480kWに変更した場合の基本料金削減効果
[計算式] (1520kW-1480kW)×1,650円(単価)×85%(力率)
※毎月約56,000円の電力料金の削減になります。
※単価・力率はお客様によって異なります。

その他の特徴

G-Pacsイメージ

  1. 本体関係はレンタルですので故障時及びバージョンアップ時は無償で入換えいたします(センサー関係は別途)。
  2. 24時間有人の監視センターにてお客様の電力設備を監視します。
    ※ 漏洩電流・方向判別、異常電圧侵入、部分放電、高調波、トランス・コンデンサ温度など
  3. 消費エネルギーを CO2の量(t-CO2)、ジュール、カロリー単位で表示可能ですので、社員の皆様への省エネの意識付けが図れます。

G-Pacsにはもう一つの機能があります。詳しくは下をクリックしてください。
CO2排出量計測サービス(G-Pacs)