新電力

いまの電気料金に満足しておられますか? 電力も選べる時代へ

2004年4月1日より、エネサーブの発電所(滋賀県大津市、京都府綾部市、福岡県嘉穂郡など)およびその他電源から、より安い電力をお客様へお届けしております。

電力小売りの概要説明図

多様化されるお客様の電力ニーズにお応えして、エネサーブから「より安価な電力」を「手続きも簡単」に「安心して」使っていただけます。

2003年11月25日、エネサーブは特定規模電気事業者として経済産業省に届出を提出しました。

特定規模電気事業者( PPS-Power Producer and Supplier )とは、電力会社の送電ネットワークに電力を託送して、自由化対象となっている特定規模の需要家に自ら発電 もしくは、調達した電力を供給する事業者のことをいいます。

エネサーブの電気は、なぜ安く、安心できるのか

1.効率的な発電で安価な電気をお客様へ

エネサーブは、40年にわたる長い経験で蓄積したデータベースを駆使して、季節や時間帯によって異なる電力の使用パターンを持っている複数のお客様同士を組み合わ せることにより、効率的な発電方法により、他社より安い電力をお客様へお届けするよう努めます。

2.安定・安心・安全のバックアップ体制

お客様への電力は、電力会社の送電ネットワークを経由してお届けしますので、これまでとまったく同じ安定度・同じ品質の電力をご利用いただけます。
万が一、エネサーブの電力供給設備の事故により供給に支障が生じた場合でも、電力会社とのバックアップ契約により補給を受け、お客様には何の支障もなく、 ご契約条件どおりの電力をお届けします。

3.簡単な手続き

お客様には、電力会社との電力需給契約をエネサーブとの契約に変更していただくお手続きのみをお願いします。(追加的な費用負担は原則発生いたしません)

4.環境に配慮した電気をお客様に

綾部・天道エネルギーセンターでは、発電所から排出される風を利用した風力発電システムを設置し運転を行っております。 本システムは、発電所に使用されているディーゼル発電装置の冷却用排風を、小型風力発電機の翼に当て発電を行います。従来発電装置から出る排風は大気中にそのまま 放出しておりましたが、本システムにより未利用エネルギーである排風を利用し発電することが可能となりました。発電した電力は発電所の電力と共に各お客様に送電されます。

エネサーブの電力に興味をお持ちの方へ

お問い合わせフォーム(「電力小売ビジネス 新しい電力供給のご提案に必要なデータ のお尋ね表」)からお問い合わせください。


電力小売ビジネス 新しい電力供給のご提案に必要なデータのお尋ね表

 

発電設備をお持ちの事業者の方、これから発電設備を持たれる方へ

エネサーブは、お客様の余剰電力を購入し、有効活用させていただきます。発電設備の有効活用をお考えの方は、以下の 「お問合せフォーム」よりご連絡ください。


電気設備の保守点検サービスに関するお問い合わせ入力フォーム

 

「電源構成について」

電源構成についてはこちらをご覧ください。

平成26年度の電気事業者ごとの排出係数等の公表について

平成27年11月30日に環境省より、温対法に基づく政府及び地方公共団体実行計画における温室効果ガス総排出量算定に用いる平成26年度の電気事業者ごとの排出係数が公表されました。

この係数は、政府及び地方公共団体実行計画における平成27年度の温室効果ガス排出量を算定する際に用いるものです。


平成26年度の当社の調整後排出係数は、0.000206t-CO2/kwh です。


詳細については、環境省サイト(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度)をご覧ください。

   

東京都エネルギー環境計画書制度の計画書及び報告書の提出について

東京都が施行する「東京都エネルギー環境計画書制度」に基づき、東京都に「エネルギー環境計画書」及び「エネルギー状況報告書」を提出いたしました。


● エネルギー環境計画書はこちら (掲載期限 平成29年7月31日)

● エネルギー状況報告書はこちら (掲載期限 平成29年7月31日)


東京都エネルギー環境計画書制度とは、電気供給事業者が温暖化対策を推進することにより、CO2排出量の少ない電気が供給されることを目指すための制度であり、 本制度によって、各電気供給事業者の継続的な温暖化対策の取組内容が、毎年、都民や都内の企業に公表されることにより、環境に配慮した電気事業者を選択しやすくなります。


詳細については、東京都環境局公式サイト(計画書・ 報告書の公表-公表資料等)をご覧ください。