会社案内

沿 革

1965年12月 電気事業法の施行を機会に、創業者・深尾勲が関西電力から独立して「関西精密計測株式会社」を設立。電気設備の保守点検代行サービス業務を開始
1970年 日本万国博覧会で各パビリオンの電気設備の検査一式を受託するなど技術力が高く評価され、事業領域は全国へ拡大
1981年 電気設備の漏電や火災予防などの安全保障への貢献により科学技術庁長官賞を受賞
1984年 他社に先駆け「分散型自家用発電装置」(オンサイト方式)を開発して製造と販売をスタート。電力の負荷平準化、省エネルギー化、CO2削減などに群を抜いた 効果を発揮。特に電気料金の大幅低減に寄与することから、スーパーなどの流通業をはじめ製造業、医療施設など幅広い分野へ普及
1986年 CMS(Computerized Maintenance System/24時間遠隔監視システム)を開発。滋賀県大津市にオペレーションセンターを開設して、24時間遠隔監視による保守・ 点検業務の高精度化、省人化の道を開拓
1987年8月 天道工場を開設
2000年8月 ナスダック・ジャパン市場(現・ヘラクレス市場)に上場
2001年7月 天道工場が「ISO 14001」の認証取得
2001年8月 東京証券取引所 市場第一部に上場
2002年3月 天道工場が「ISO 9001」の認証取得
2003年11月 特定規模電気事業者(PPS)として経済産業省に届出
2004年4月 大津エネルギーセンターを開設。電力小売事業を開始
2005年8月 綾部エネルギーセンターを開設
2006年1月 天道工場内に天道エネルギーセンターを開設
2007年2月 A重油によるオンサイト発電事業から撤退完了
2007年3月 本社機能を滋賀県大津市に移転
2007年5月 大和ハウス工業株式会社の連結子会社化
2008年4月 CO2排出量計測・電力設備監視システム(G-Pacs)を販売開始
2008年11月 大和ハウス工業株式会社の完全子会社化
2009年8月 東京都地球温暖化対策ビジネス事業者として登録
2009年10月 本社敷地内にリチウムイオン電池システム、太陽光発電設備、LED照明設備等を常備したデモセンターを開設
2010年7月 多機能次世代型 大型リチウムイオン電池システム(e-Libs)を販売開始
2014年5月 環境省「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」の診断機関として登録
2015年6月 経済産業省「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」事業のエネマエ事業者として登録
2016年4月 経済産業省「小売電気事業者」として登録